底値圏での上ヒゲに注意(2度あることは3度...?)

いよいよ明日、今週の目玉「英BOE政策金利発表」が発表となる予定です。

人気blogランキング69位のFXマンさんの言葉を借りると、「サプライズ利下げ ⇒ 大暴落 ⇒ 円高方向へエネルギー放出 ⇒  市場の歪みの改善 ⇒ ポチポチ円安」

見事なロジックですね。私もそう思いますのでGBPその水準にあれば久々に短期トレードに挑んでみます!(見込み、利益が大きく損失が少ないと思われる為。据え置きの場合の上げはしれてる?)




上記とは逆方向になりますが、USD/JPY週足チャートで「底値圏での上ヒゲ陽線」がまたまた出現しそうな感じです。
(週末109円以下で終了の場合)

通常天井圏で出現する上ヒゲ陽線ですが...
最近よく示現しますが、過去チャートを振り返ってもあまり見かけない形です。

昨年、8月2週目、11月1週目、共に次の週に大陰線をつけています。

ついでに、
ADXも上昇転換、±DI幅も拡大方向、下降トレンドが始まりそうなサイン。

以前2007.08.10 記事で指摘した一週間後にあの悪夢が訪れたことを考えると...ブルルッ

2008.01.09 19:00



              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のドル円、クロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック