今回相場(最終サイクル?)のまとめ!?

今回年末からの円高相場を、テクニカルのみで振り返ります。
今後の上昇に障害(抵抗、レジスタンス)となるチャートポイントを抜けると、
昨年夏以来続く円高の最終局面となるかもしれません。


まず【振り返り】

@ 12月26-27日に AUD,CAD,EUR,NZD/JPY で同時に一目均衡表「雲のねじれ」を観測。薄い相場と上記から、円高転換する可能性を警告。 → 2007.12.26 記事

A 1月2日ポンド円がネックラインを割り込み、他クロス円の下落を加速させる。ドル円については雲の下限(先行スパン1)を下抜け再び弱気地合へ。 → 2008.01.02 記事

B 底値圏での上ヒゲサイン?点灯。手前2回の結果を踏襲し次週足の大陰線を予告。あっさり108円を割り込む。 → 2008.01.09 記事

C 各テクニカル指標の反転サイン点灯により、今回円高相場の底をアナウンス。クロス円代表でZAR/JPYチャートを用いたが、このペアだけは底とはならず。 → 2008.01.23 記事

D 鉄板サイン?MACDダイバージェンスも点灯で確信!同時に前回同様もみ合いも予測。 → 2008.01.24 記事



次に【現状】ですが、



・ ボリンジャーは最近のもみ合いにより、これ以上ないぐらいにボラ縮小を示唆。
・ ストキャスは珍しくゆっくり上昇。。。この後上に張り付いて欲しいが...
・ MACDのダイバージェンスは一応ワークした。
・ MA200日線からの乖離率(図真ん中)は-6.50%と一時期よりもかなり縮小傾向にあるが、MA200が115.35とかなり上に位置している。
・ ADXはこれからの上昇トレンドの予告前段階?
・ D番の安値(Bから一応切下がり)は決定?今後の動き次第ではずれることも。



【今後の展望】

・ 一昨日晩に108円を抜けてきたのでとりあえず上昇と見るが、
・ 本日107.19を下抜けたら、今回のは「だまし」と判断せざるをえない。
・ 上昇するなら、次のポイントは 「MA75日線と雲の下限が交差するところ」か?
・ これを抜けると、最後の難関、「図中赤太線で示した昨年夏から継続する(ダウン)トレンドライン」。ここを上抜けることができれば、やっとこさアップトレンドへと切り替わる(D番が今年の大底?)が、跳ね返されるとE番が与えられ、F番の安値(101.5)への下落も十分ありうる。


2008.02.15 12:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック