そっくりです...EUR/JPY天井の”値と日”



上図はEUR/JPY日足チャートです。

日柄やフォーメーションでローソク足を見ると、天底の時期がある程度わかったりもしますが、
これはそういったレベルではありません。

紫点線で囲った2つの点線部。
気付いている方も多いと思いますが、(昔算数で習った) 相似 です(笑)。


1月の円高の形状を見て「もしや」とは思って注目しておりましたが、
ここまで似ていると逆に気持ち悪いぐらいです。

詳しく書きますと...
 ・7月からの円高への形状と今回年末からの円高形状。。。
 ・その後のもみ合いレンジ相場への移行と、期間。。。
 ・一目均衡表、雲を上抜け強気転換したところですが、その雲の形状と抜け方が同じ。。。赤丸部分
 ・さらに先行スパン1が下で先行2が上なところまでも。。。
 ・ADXが25以下に位置し、これからのトレンドを形成しそうな。。。
 ・MACDの形状と値まで。。。

日柄を数えると15営業日ぐらいで、天井は3/14(金)、3/17(月),18(火)あたり。
値は、大きさが70%ほどシュリンクされていることから、計算値:165.3 が出てきました。

さてどうなりますやら。。。

2008.02.26 19:30

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック