断末魔の叫び...過去の底はこんな形!!



上図は、1999年12月-2000年3月の大底形状を1h足バーチャートを用いて表示しました。(MACDも同時に表示)

下図は、2004年12月-2005年3月の同様のものです。

予想通り、底値の堅さを嫌い? or 底値を確認?(底値が揃うダブルボトム)して急激に途転(ドテン)した様子が伺えます。



2007.03.05 と 2007.08.17 の大底形状は こちら


仮に今回の円高相場を予測しドル円ショート戦略で挑んでいたとしましょう。
100円割れという大目標を達成した今、利食いポイントはどこにあるのでしょうか?
普通なら、過去のチャートポイントである101.5付近に利食いの指値を入れますね。
少し冒険したとしても100円割れには入れます。
現在は色々複雑なものもありますが、ドルショートポジションが溜まっているのは明らかです。
ここから80円割れまで引っ張れますか?

2008.03.14 20:30

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
タグ:ドル円 USD/JPY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック