ドル円最後のチャートポイント...A

FOMC議事録公表への警戒感もあってか、ドル円は103円水準が重い展開ですね。


振り返ってみますと、
2008.02.29で予想した下値目処(98円後半)は裏切られ、そこからさらに(オーバーシュート気味に)大きく下落しました。


今のところは3月17日に記録した 95.77(下図フィボナッチ200%付近)を底に、少し戻し気味のレンジといったところでしょうか。 → 2008.03.18

そして。。。その後の結果は、



このようになりました。

ここで前回高値の更新+下値の切り上げがなされないと、1月後半から約一ヶ月続いた上値の重い小さなレンジのような、その後の大暴落が頭をよぎってきます。
105円辺りまでの回復を熱望してます(祈)

2008.04.08 19:00

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック