ユーロ/ドル(EUR/USD)について 20080515

  

右図、GMMAについて現在長期MA束を短期が下抜いている(ほぼ同じ付近?の)状態です。
過去数回を参照するなら、ここからは3〜4ヶ月のレンジ相場へ移行、エネルギーを蓄積→再び大きなアップトレンドへとつながっています。

ただし、青補助線で示しましたように、以前から指摘していますアクセレーションからの転換にもとれ、そのことは、前回、前々回見られなかった短期MA束の尖形状にも現れています。

右図ローソク日足からも、MA75日線で一旦サポートされましたが、実態は一目均衡表雲の中、遅行スパン(見やすくするため先行させています。)からの乖離を見ても、地合いは弱気を当分継続しそうな雰囲気です。

【過去記事】
 2008.05.06
 2008.04.23

2008.05.15 14:00

ブログランキングに挑戦しております。↓応援クリック宜しくお願い致します。m(_ _)m
にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック