相場分析/デイリーコメントカテゴリの記事一覧

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140929

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.09.29

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140922

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.09.22

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

W2C-Dixie(ディキシー) 過去最高益更新 「EAでは極めて珍しい 425pips 獲得!」


表題の件、下記レポートします。

ご採用が未だの方は、是非とも導入ご検討ください。

初めてEAを使う投資家の方々にはとても扱いやすく、最適の入門機となっております。
 ⇒ http://www.trgy.co.jp/wp-content/uploads/W2C-Dixie_rep.pdf



■ 今回、EAでは極めて珍しい 218pips + 207pips 獲得!

スクリーンショット 2014-09-17 11.03.34.png

 ⇒ http://www.myfxbook.com/members/W2C_Dixie/w2c-dixie-ver100/906545

収益曲線からもわかりますように、発売から今日まで、W2C-Dixieユーザーでマイナス運用の投資家は存在しません。

ちなみに2200を超えるEA販売を誇るFXonにおいて、現在1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月全ての収益率ランキングにおいて1位となっております。
 ⇒ http://w2c.seesaa.net/article/405095275.html

W2C-Dixieレポートで規定する最大レバレッジの半分、原資1万ドルに対して0.2ロット(レバ2倍)稼働において、
上図のように、4ヶ月ですでに18%を獲得しております。

これは、過去バックテストの平均運用70%/年とほぼ一致する、W2C-Dixieにおいては平均的な増加ペースとなっております。



■ 特筆すべきは プロトレーダーを彷彿とさせるその取引の上手さ...

スクリーンショット 2014-09-17 11.13.02.png


上図は、myfxbookに搭載されたEA検証ツールのひとつである、チャートに取引を載せたものです。

今回の105円ちょうどからのエクスパンションを、長短の売買ルール共に見事に捉え利益に換えました。

もちろん”たまたま”ではありますが、W2C-Dixieは利益ののったポジションを引っ張ります。

今回の107円までの押し目なき相場も、キッチリと次の踊り場を確認した上で利食いました。

その後のドテンはすぐに諦め、現在買い持ちで次の収益機会に備えています。

実はこのほぼStopオーダーに掛かる前に行われる内部ロジックによる損切りが、非常に秀逸であることも大きな特長のひとつなのです。

今回の相場でもそうですが、小さなレンジ相場に慣らされた裁量トレーダーに、
この利大損小トレードを再現することは難しいと考えます。
もちろんスキャルピングEAでは論外です。



■ バックテスト結果、『設計値に忠実』なそのフォワード成績

スクリーンショット 2014-09-17 11.26.51.png


これはリアルフォワードテスト稼働当初からではありましたが、とにかくW2C-Dixieの成績は安定しています。

安定というのはココでは利益の意味ではなく、バックテストの結果と同じという意味です。

損益比3:5(ペイオフレシオ1.6)、勝率45%〜50%

正にバックテストとフォワードの乖離が少ない設計思想が反映した結果となっております。



■ バラつきが美しい

スクリーンショット 2014-09-17 11.34.54.png


上図は、これもmyfxbookに搭載されたEA検証ツールのひとつである損益(%)とポジション保有期間をプロットしたものです。

ご覧のように、相場に対するエッヂをその利大損小設計から実現しております。

具体的には、為替相場のボラティリティと関係して、取引の80%以上が2d(=2日)以内に集中し、
トレンドが出た時には、ポジションを引っ張り利益を積みます。

つまり、勝率は50%を少し下回りますが、損失は限定され、長く持ち続けることはありません。
これは投資家にとっての含み損を抱え続けるストレスが無いということです。



■ Real Demo 各業者 全てプラス運用

スクリーンショット 2014-09-17 10.49.28.png

 ⇒ http://www.myfxbook.com/members/W2C_Dixie

FXDD、PepperStone、FXpro、Alpari、XM といったメジャーFX業者で同時稼働させています。
現在デモ、リアル、各業者すべてにおいてプラス運用となっております。

成績の差、バラつきは、約定力、スプレッド差であり、
取引回数の増加とともに収束していくと考えられます。

2014.09.17

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ  人気blogランキングへ

投資ギャンブル ブログサイトランキング FX FX ブログランキングならblogram くる天 人気ブログランキング BS Blog Ranking

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140915

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.09.15

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

W2C-Dixie 〜 FXon 〜

W2C-Dixie http://www.trgy.co.jp/wp-content/uploads/W2C-Dixie_rep.pdf は、
インフォカート、InfoTop、FXon の各ASPにて販売中です。

下はFXonでの1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月ランキングです。
http://fx-on.com/systemtrade/

収益率?ランキングは、全て1位となっておりますが、売れ筋ランキングは圏外。
是非ともこれを機にお見知りおきください。

    

2014.09.09

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ  人気blogランキングへ

投資ギャンブル ブログサイトランキング FX FX ブログランキングならblogram くる天 人気ブログランキング BS Blog Ranking

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140908

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.09.08

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

W2C-Matthew 20140905


長い踊り場を経てドル円は再び高値を更新してきました。
ECBはサプライズの利下げで、ユーロドルは1.3を割り込み勢いキープ。
待ち望んだ W2C-Matthew の本領発揮となる相場が訪れました。



http://www.trgy.co.jp/wp-content/uploads/W2C-Matthew_rep.pdf
↑ W2C-Matthew レポート





↑ 本年1月23日〜稼働・公開しているW2C-MatthewのAlpariデモ口座です。

レバレッジ3倍のこの口座では、最大 +16% まで膨らみました。
増益はまだ少ないですが、低レバ運用であることと、レンジ相場が続いてきた影響と考えられます。
現在値は、スタート時期に関係なく、使用者ほぼ全てがプラス運用となっている水準です。





↑ 直近上昇相場での立ち回りです。

中期トレンドに逆らったショートポジションは、短期レンジの安値、押し目ポイントで薄利決済、
その後の上昇を2つのロングポジションで利益にかえました。 1つは薄利でしたが...
その後の戻り売りは微損、 現在年初来高値更新に備えて建てたポジションが含み益となっております。





↑ myfxbookに備わった分析ツールのひとつ 、 横軸:ポジション保有期間 / 縦軸:各ポジションの収支 をプロットした図です。

7ヶ月強の期間で積んだ300トレードの、損失は2%未満、利益は4%に収まっています。
これはEAユーザーにとっての大きな安心材料となるはずです。
特筆すべきは、W2C-Matthewの特長である利大損小が、この図によって確認できます。
トレードで大きな利益をあげるためには、ポジションを長期間保有しなければ叶いません。
W2C-Matthewがこの長期間保有により利益を伸ばしてきたことがわかります。
逆に含み損を長期間保有することはありません。





↑ 勝率は41%とバックテストでの下限付近となっています。
Longs Won: (67/163) 41%
Shorts Won: (58/139) 41%

損益比は、設計通り5:3となっております。

その他下に列記します。
Best Trade($): (Mar 13) 408.57
Worst Trade($): (Apr 08) -206.06
Avg. Trade Length: 22h 43m
Profit Factor: 1.14

まだ大相場が到来がないにも関わらず、ここまで存分にそのパフォーマンスを発揮しているといえるのではないでしょうか。

2014.09.05

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ  人気blogランキングへ

投資ギャンブル ブログサイトランキング FX FX ブログランキングならblogram くる天 人気ブログランキング BS Blog Ranking

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140901

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.09.01

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140825

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.08.25

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140818

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.08.18

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140811

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.08.11

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

W2C-Dixie(ディキシー) フォワード v.s. バックテスト の差


W2C-Dixie(ディキシー)について、公開しているmyfxbookのリアルフォワードテストと、同一期間のStrategy Tester Report(≒ウォークフォワードテスト)を比較し、結果に差がないことを確認した。







W2C-Dixieはバックテストとフォワードがほぼ一致する希少なEA。

これはつまり W2C-Dixieが積んだ9年間、単利単年度負けなしの、
リーマンやサブプライム、近くはアベノミクス、もちろん経済指標の暴落暴騰をすべてを含んだテスト結果で、
その優位性を証明していることに等しい。

2014.08.07

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ  人気blogランキングへ

投資ギャンブル ブログサイトランキング FX FX ブログランキングならblogram くる天 人気ブログランキング BS Blog Ranking

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140804

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.08.04

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

1位 W2C-Dixie 、 2位 W2C-Matthew 獲得!


たあぼさんのブログ
2014年7月度、FX自動売買ソフト獲得収益率ランキング で、ワンツー頂きました。


http://happydesignmilano.com/fx-auto-trade/63454/




↑こちらインフォトップのランキングにも初めて登場しました。

ということで、徐々にその実力が認められつつあります。

EAユーザーの皆様には是非とも導入ご検討ください。

ご購入は、コチラから↓
「W2C-Dixie」 → http://www.trgy.co.jp/wp-content/uploads/W2C-Dixie_rep.pdf
「W2C-Matthew」 → http://www.trgy.co.jp/wp-content/uploads/W2C-Matthew_rep.pdf

2014.08.01

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ  人気blogランキングへ

投資ギャンブル ブログサイトランキング FX FX ブログランキングならblogram くる天 人気ブログランキング BS Blog Ranking

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140728

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.07.28

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140721

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.07.21

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

W2C-Dixie の myfxbookフォワード公開 20140717


W2C-Dixie の myfxbook フォワード公開
http://www.myfxbook.com/members/W2C_Dixie/w2c-dixie-ver100/906545

トレード数 89回
勝率 53% (BTより高い)
損益比 18:24 (BTより狭い)

http://www.myfxbook.com/members/W2C_Dixie
Real x3 Demo x3 公開





2014.07.17

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ  人気blogランキングへ

W2C-Dixie myfxbookによるリアルフォワードテスト 20140715

表題の件、下に示します。



公式は上図にリンクしました。
公開OKのユーザーさまが増え、現在(7.15)リアルx3 デモx3 業者x4 となってます。




超絶ボリュームのバックテストが物語るその優位性…
W2C-Dixie(ディキシー)があなたのEAポートフォリオを熱くする〜




【関連記事】
「W2C-Dixie(ディキシー)FX自動売買ソフト <MT4-EAポートフォリオ用>」
 → http://w2c.seesaa.net/article/395850714.html
「B.T. 単年度評価 9 年連続増益 E.A.」
 → http://w2c.seesaa.net/article/398465769.html
「私は MT4 EA Strategy Tester Report の ココをこう見ます」
 → http://w2c.seesaa.net/article/398590970.html

2014.07.15

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記(団体)へ  人気blogランキングへ

投資ギャンブル ブログサイトランキング FX FX ブログランキングならblogram くる天 人気ブログランキング BS Blog Ranking

W2C-Matthew myfxbookによるリアルフォワードテスト 20140715

表題の件、下に示します。



公式は上図にリンクしました。
公開OKのユーザーさまが増え、現在(7.15)リアルx2 デモx3 業者x3 となってます。
今後も掲載を増やしていきます。



小細工なし、直球勝負のMT4自動売買ソフト
 W2C-Matthew(マシュー)w2c-matthew.trgy.co.jp 〜カオスへの挑戦〜



【関連記事】
「意外と知られていない自動売買ソフト(EA)の真実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/388389907.html
「MT4バックテストの資産増減曲線から推察されるEAの性格と性能」
 → http://w2c.seesaa.net/article/388521324.html
「皆さんがお使いのEA...その破産確率は?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/389251194.html
「確実に勝てるとこだけエントリーします www」
 → http://w2c.seesaa.net/article/390637076.html
「市場はランダムウォーク!?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391564275.html
「投資の天才...以外の方々へ → EA入門機」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391712405.html
「myfxbookによるリアルタイム成績を公開(=リアルフォワードテスト)」
 → http://w2c.seesaa.net/article/392350485.html
「EAのロジックがわかったところで..」
 → http://w2c.seesaa.net/article/392547981.html
「気に入らなければクーリングオフOKのEA(イーエー)」
 → http://w2c.seesaa.net/article/392738040.html
「フォワードと同一期間バックテスト結果の差なしの意味」
 → http://w2c.seesaa.net/article/393023633.html
「自動売買ソフトの値段についての考察」
 → http://w2c.seesaa.net/article/393439315.html
「W2C-Matthew フォワード結果と同一期間バックテスト結果の差 20140505」
 → http://w2c.seesaa.net/article/396300260.html
「無償セットアップ(MT4+EA+VPS稼働)」
 → http://w2c.seesaa.net/article/397947654.html
「FX指南書で勝ってる人って意外に少ない!?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/397958647.html
「残念ながら...エクイティカーブは 綺麗な右肩上がり にはなりません」
 → http://w2c.seesaa.net/article/399275027.html


2014.07.15

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140714

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.07.14

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140707

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.07.07

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140630

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.06.30

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140623

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.06.23

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140616

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.06.16

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140609

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.06.09

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

W2C-Signal RT 5月度

4/28〜5/2 -113.7pips
5/6〜5/9 +32.6pips
5/13〜5/16 -106.8pips
5/19〜5/23  -116.4pips
5/26〜5/31  -62.9pips

合計    -367.2pips

参考:ガチンコFX http://fx.aol.jp/author/sumi/

myfxbook:http://www.myfxbook.com/members/W2C_SignalRT

邦銀時代より20年以上年間収支でのマイナスなし
元インターバンクディーラー(現役投資運用業為替担当者)が
すべてのFXトレーダーに贈る売買シグナル配信
W2C-Signal RT(アールティ)w2c-signalrt.com
シグナル配信の歴史が変わります。



【関連過去記事】
「トレードの幻想と現実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/378415237.html
「どれだけ努力すれば、稼げるトレーダーになれるのか?」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/379432809.html
「本来は表舞台に出てこない現役プロディーラー」
 → http://w2c.seesaa.net/article/379814525.html
「売買シグナル 一般論」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380026838.html
「三方良し… 金融業界におけるASPの役割」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380258456.html
「FXで利益を出し続けられる人とそうでない人」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380588441.html
「W2CシグナルRTの特長」
 → http://w2c.seesaa.net/article/381159516.html
「W2C-Signal RT 配信一例」
 → http://w2c.seesaa.net/article/384515912.html
「新旧売買シグナル配信の比較 〜旧シグナルの「欠点」とW2C-Signal RTでの「対策」〜」
 → http://w2c.seesaa.net/article/385064238.html
「誤解されがちな「優れたトレーダーと優れた自動売買システム」のコト」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391480792.html

セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス!  詳細はこちら ↓



2014.06.02

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140602

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス! 詳細はこちら ↓



2014.06.02

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

無償セットアップ(MT4+EA+VPS稼働)

EA(自動売買システム)によるFX投資をしてみたいのだが、

なんだか難しそう...

MT4(メタトレーダー4)っていうプラットフォームも
使った経験がないし...

想サーバー(ex.お名前.com デスクトップクラウド
24時間なんてとても私には...



弊社EAをお使いで、EAとVPSのセットアップにお困りの皆様へ!

■■■
弊社は金融庁に登録された業者ですので、これらを法的にも問題なくサポートすることができます。

■■■
無料オンラインミーティング・ツールSkypeGoogleハングアウトを用いて無償サポートいたします。サポート実績も多くございますので、安心してご利用ください。

■■■
お問い合せはこちらまで。

■■■
但し、相場観を伴う資金管理等のご質問については、別途顧問契約(一般会員)が必要となります。

2014.05.26

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ

投資ギャンブル ブログサイトランキング FX FX ブログランキングならblogram くる天 人気ブログランキング BS Blog Ranking

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140526

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス! 詳細はこちら ↓



2014.05.26

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140512

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス! 詳細はこちら ↓



2014.05.19

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140512

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス! 詳細はこちら ↓



2014.05.12

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140505

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス! 詳細はこちら ↓



2014.05.05

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

W2C-Signal RT 4月度


3/31〜4/4 -0.5pips
4/7〜4/11 -150.1pips
4/14〜4/18 +49.5pips
4/21〜4/25 -31.8pips
合計    -132.9pips

参考:ガチンコFX http://fx.aol.jp/author/sumi/

邦銀時代より20年以上年間収支でのマイナスなし
元インターバンクディーラー(現役投資運用業為替担当者)が
すべてのFXトレーダーに贈る売買シグナル配信
W2C-Signal RT(アールティ)w2c-signalrt.com
シグナル配信の歴史が変わります。



【関連過去記事】
「トレードの幻想と現実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/378415237.html
「どれだけ努力すれば、稼げるトレーダーになれるのか?」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/379432809.html
「本来は表舞台に出てこない現役プロディーラー」
 → http://w2c.seesaa.net/article/379814525.html
「売買シグナル 一般論」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380026838.html
「三方良し… 金融業界におけるASPの役割」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380258456.html
「FXで利益を出し続けられる人とそうでない人」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380588441.html
「W2CシグナルRTの特長」
 → http://w2c.seesaa.net/article/381159516.html
「W2C-Signal RT 配信一例」
 → http://w2c.seesaa.net/article/384515912.html
「新旧売買シグナル配信の比較 〜旧シグナルの「欠点」とW2C-Signal RTでの「対策」〜」
 → http://w2c.seesaa.net/article/385064238.html
「誤解されがちな「優れたトレーダーと優れた自動売買システム」のコト」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391480792.html

2014.05.01

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ
タグ:W2C-Signal RT

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140428

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス! 詳細はこちら ↓



2014.04.28

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140421

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス! 詳細はこちら ↓



2014.04.21

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140414

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス! 詳細はこちら ↓



2014.04.14

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140407

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス! 詳細はこちら ↓



2014.04.07

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

自動売買ソフトの値段についての考察


そもそもお金をお金で増やすことを目的に作られたFX自動売買ソフト(EA)に、
適正価格ってあるのでしょうか?


10万で始める人と、1000万の人が同じ価格という、
コレ自体が本来おかしなことです。


また、もしほったらかしで毎年確実にお金が増え続けるEAがあるとすれば、
買い手によってソレはもう何億円、何十億円の値がついてもそれほどおかしなことではありません。


取引システムの欠陥を利用したような特殊なものなら可能なのかもしれませんが、
それはすぐに修正されてしまいます。


もちろん皆ソレを目指しているのですが、ソレがないことは投資家にとって公知の事実です。
振り返ったら聖杯でしたというのは無しとして、不確実な未来が全てを否定するのです。



話を戻して、値付けが難しい...というか値段はあってないようなもの。
運用成績のみに価値の有無が決定されるわけで、他のソフトとは違うのです。
(それでも販売側としては値段を付けなければなりませんが...)


一般的に安いと感じられる、例えば2000円の売買ルールやEAがあるとして、
使ってみてそれが利益を産まなければ、それ自体に何ら価値がないことは言うまでもありません。
利益の出ないEAは、お金をもらったとしても使いたい人はいません。


そのようなものを使ってしまうのは、バックテスト結果を正当に評価できないていないことに尽きます。

MT4のバックテスト機能は秀逸で、エクイティカーブのみからでもこの程度の情報を得ることで、可否の判定ぐらいはできます。( → MT4バックテストの資産増減曲線から推察されるEAの性格と性能


対してW2C-Matthewは、
483〜540回/年のトレードにより、100万円は1年後187万円 ⇒ 3週間で購入価格(54,000円)を超える計算になります。
(ただし、97万円〜255万円/年と6年分なのでバラつきは大きいですm(_ _)m @レポート


これは、フォワードとバックテストに差がないことで、
まだ期間は短いですが、否定が難しい程度には証明できていると思います。


販売金額に関して、商品の性格上、高い安いといった議論が成立しないと考えます。それは、使用者の投下資金量に大きく依存するからです。参照記事:http://w2c.seesaa.net/article/192794289.html
ご購入に至った経緯は皆様それぞれですが、当社セールスページに購入を煽るような文言や、もちろん虚偽記載などございません。
従いまして、これまでご購入いただきました皆様の権利をお守りする意味でも、今後も販売金額の変更はございませんので、一般的には使用期間に比例して商品代金は償却されるものと想像します。




【過去記事】
「意外と知られていない自動売買ソフト(EA)の真実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/388389907.html
「MT4バックテストの資産増減曲線から推察されるEAの性格と性能」
 → http://w2c.seesaa.net/article/388521324.html
「皆さんがお使いのEA...その破産確率は?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/389251194.html
「確実に勝てるとこだけエントリーします www」
 → http://w2c.seesaa.net/article/390637076.html
「市場はランダムウォーク!?」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391564275.html
「投資の天才...以外の方々へ → EA入門機」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391712405.html
「myfxbookによるリアルタイム成績を公開(=リアルフォワードテスト)」
 → http://w2c.seesaa.net/article/392350485.html
「EAのロジックがわかったところで..」
 → http://w2c.seesaa.net/article/392547981.html
「気に入らなければクーリングオフOKのEA(イーエー)」
 → http://w2c.seesaa.net/article/392738040.html
「フォワードと同一期間バックテスト結果の差なしの意味」
 → http://w2c.seesaa.net/article/393023633.html


2014.04.02

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

W2C-Signal RT 3月度


3/3〜3/7 -97pips
3/10〜3/14 +2pips
3/17〜3/21 -50pips
3/24〜3/28 +49pips
合計    -96pips

参考:ガチンコFX http://fx.aol.jp/author/sumi/

邦銀時代より20年以上年間収支でのマイナスなし
元インターバンクディーラー(現役投資運用業為替担当者)が
すべてのFXトレーダーに贈る売買シグナル配信
W2C-Signal RT(アールティ)w2c-signalrt.com
シグナル配信の歴史が変わります。



【過去記事】
「トレードの幻想と現実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/378415237.html
「どれだけ努力すれば、稼げるトレーダーになれるのか?」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/379432809.html
「本来は表舞台に出てこない現役プロディーラー」
 → http://w2c.seesaa.net/article/379814525.html
「売買シグナル 一般論」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380026838.html
「三方良し… 金融業界におけるASPの役割」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380258456.html
「FXで利益を出し続けられる人とそうでない人」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380588441.html
「W2CシグナルRTの特長」
 → http://w2c.seesaa.net/article/381159516.html
「W2C-Signal RT 配信一例」
 → http://w2c.seesaa.net/article/384515912.html
「新旧売買シグナル配信の比較 〜旧シグナルの「欠点」とW2C-Signal RTでの「対策」〜」
 → http://w2c.seesaa.net/article/385064238.html
「誤解されがちな「優れたトレーダーと優れた自動売買システム」のコト」
 → http://w2c.seesaa.net/article/391480792.html

2014.04.01

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140331

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス! 詳細はこちら ↓



2014.03.31

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140324

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス! 詳細はこちら ↓



2014.03.24

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

長期的な視点でテクニカル指標から見たドル円相場が今後円高となるこれだけの理由


■ 週足MACDダイバージェンスx2 同時売りサイン点灯 

USD/JPY週足チャート

上図はドル円の週足チャートにMACD、MACDヒストグラムをサブチャートとして表示したもの。
昨年5月22日103.73円の高値でつけたMACD値の大きさから、年末のきれいな三角保ち合い上放れもエネルギー不足、高値は年初日の105.44円(レートは下に示すダウントレンドラインにピタッ)で次々週にはMACDダイバージェンスサインが点灯した。

MACDとMACDシグナルの差を示すMACDヒストグラムダイバージェンスのサインはこれより1週早く点灯し、ダイバージェンスのサインがほぼ同時に点灯する強い売りサインとなった。(週足チャートのダイバージェンスサインは極めて稀で、10年遡っても同様レベルのサインを発見できず)



■ 超長期ダウントレンドラインのレジスタンス

USD/JPY週足チャート

90年台から続くドル円下降トレンドラインが年初105円で抵抗。
一応未だにワークしているようにも見える。
このUSD/JPY週足チャートでは、少し乖離しているように見えるが、

USD/JPY日足チャート

日足チャートで拡大表示すると、怖いぐらいジャストで反転している。(○で囲った部分)
パターン的には過去の反転ポイント同様三尊天井で、今まさに右肩をつけての下落をイメージできる。



■ 金ドル相場から間接的な理由

XAU/USD週足チャート

上図は2011年9月に1920ドルの天井を含んだここ数年のXAU/USDチャート。
現在は昨年6月と年末につけた直近安値がほぼ同じ値できれいなダブルボトムをつけて、
長期下降トレンドの強い反転を示している。

XAU/USD月足チャート

上図のようにさらに超長期で見ると、金ドル相場はここ数年がまさに強いアップトレンドの踊り場ともとれ、
ここから3000ドルを目指す新たなアップトレンドがスタートしてもおかしくはない形。(四角で囲った部分が上のXAU/USD週足チャートと同等の部分)

金と米ドルの逆相関はよく知られており、これは前記ドル円相場の下落を間接的に示唆するものとなる。



■ 最後にドル円直近の日足チャートから

USD/JPY日足チャート

一目均衡表雲に抑えられ、遅行スパンもデッドクロス、加えて
昨年来続く、バクっとカウントしても9回もサポートとしてワークしているアップトレンドラインを近々割り込みそうな動きとタイミング。
当然サポート回数に比して割り込んだ時のエネルギーは大きい。


トリガーはいつもファンダメンタルズ的な理由であり、どれになるかはわからないが、現在その理由探しには事欠かない状況。


2014.03.21

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140317

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD  EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





セントラル短資FX「ウルトラFX」 x 「W2C-SignalRT」@Trilogy タイアップキャンペーン
プロディーラーのリアルタイム・シグナル配信を、
お試し受信のチャンス!  詳細はこちら ↓



2014.03.17

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140310

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD  EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら







2014.03.10

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140303

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD  EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2Cホームページはこちら





2014.03.03

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ

W2C-Signal RT 2月度


2/3〜2/7 -268 pips
2/10〜2/14 -7 pips
2/17〜2/21 -28 pips
2/24〜2/28 -28 pips
合計    -331 pips

参考:ガチンコFX http://fx.aol.jp/author/sumi/

邦銀時代より20年以上年間収支でのマイナスなし
元インターバンクディーラー(現役投資運用業為替担当者)が
すべてのFXトレーダーに贈る売買シグナル配信
W2C-Signal RT(アールティ)w2c-signalrt.com
シグナル配信の歴史が変わります。



【過去記事】
「トレードの幻想と現実」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/378415237.html
「どれだけ努力すれば、稼げるトレーダーになれるのか?」
 →  http://w2c.seesaa.net/article/379432809.html
「本来は表舞台に出てこない現役プロディーラー」
 → http://w2c.seesaa.net/article/379814525.html
「売買シグナル 一般論」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380026838.html
「三方良し… 金融業界におけるASPの役割」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380258456.html
「FXで利益を出し続けられる人とそうでない人」
 → http://w2c.seesaa.net/article/380588441.html
「W2CシグナルRTの特長」
 → http://w2c.seesaa.net/article/381159516.html
「W2C-Signal RT 各種バナー ダウンロード <InfoTop用>」
 → http://w2c.seesaa.net/article/381569435.html
「W2C-Signal RT 配信一例」
 → http://w2c.seesaa.net/article/384515912.html
「新旧売買シグナル配信の比較 〜旧シグナルの「欠点」とW2C-Signal RTでの「対策」〜」
 → http://w2c.seesaa.net/article/385064238.html

2014.03.03

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ 人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140224

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD  EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2C-Strategy配信はこちら





2014.02.24

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140217

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD  EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2C-Strategy配信はこちら





2014.02.17

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ

PIVOTフィボナッチ週ゾーン 20140210

それぞれ週のバランスポイント(BP)とフィボナッチゾーン(FZ)※はチャート上に記載の通りです。
その他テクニカル指標と組み合わせて、戦略構築にお役立てください。

USD/JPY

EUR/USD  EUR/JPY

フィボナッチゾーンによる分析は一目均衡表と同様、未来の傾向を予測し得る数少ない分析手法のひとつです。

※山中先生の到達確率のベースとなるチャートはこちら
※W2C-Strategy配信はこちら





2014.02.10

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ
  • seo