Rep./ファンダメンタルズ カテゴリの記事一覧

【各国】政策金利 一覧(2009/08/09 現在)



【過去記事】
 2009.05.29

2009.08.09 23:30

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  FX 為替 投資のためのブログ記事サイト

【米国】雇用統計 過去データ&失業率グラフ(1998年〜2009年7月)

米7月非農業部門雇用者数は-24.7万人。同失業率は9.4%。
市場予想の-32.5万人、9.6%より強い結果となり、
予想外の数字にパニック買い。

先月2週目から続くクロス円の?な上昇に、せっかく正常な調整が入りかけてた矢先。 (ポンド/円158円台に突っ込んでたみたいですが...)



オバマ大統領の「失業率は10%超えるかも」発言は無効か??

上図、米雇用統計増減、失業率 共に ピークアウトに見えます。

週明け、冷静を取り戻した参加者(?)が、再度この数字をみて、いいと判断するのか否か。短期でもショートがいきにくくなったのは確か。

【過去記事】
 2009.07.02

2009.08.08 1:00

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  FX 為替 投資のためのブログ記事サイト

【日本】6月全国消費者物価指数について

■消費者物価指数 

6月全国消費者物価指数(生鮮食品除・前年比)は-1.7%。
(デフレが止まりません。あまり話題にならないのが不思議です。)




■失業率は5.4%

6月失業率は5.4%(市場予想 5.3%)
6月有効求人倍率は0.43倍


【過去記事】
2009.06.26

2009.07.31 13:00

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  FX 為替 投資のためのブログ記事サイト

【W2Cトレード研究会】

【南ア】6月消費者物価指数(CPI)

南ア6月消費者物価指数は前年比+6.9%(市場予想 +7.2%)


消費者物価指数&政策金利の推移
出典:南ア準備銀行 (SARB:http://www.reservebank.co.za/
http://www.statssa.gov.za/publications/statsdownload.asp?PPN=P0141&SCH=4053

【過去記事】
 2009.06.25


2009.07.31 12:00

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  FX 為替 投資のためのブログ記事サイト


【W2Cトレード研究会】

【南ア】南アフリカランド 関連ニュース 20090717


ドルランド、ランド円共に、南アフリカランド強含みの展開。


南アフリカ共和国の外貨建て債務の格付けを「A3」とし、従来から1段階引き上げ。
同国の外貨準備が増加し、財政規律が保たれていることがその理由。


ワールドカップのスタジアム建設労働者のストライキ終了。


南アフリカ統計局が発表した5月南アフリカ小売売上高は予想より強い内容。

【過去記事】
 2009.07.15
 2009.07.08

2009.07.17 20:00

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  FX 為替 投資のためのブログ記事サイト


【W2Cトレード研究会】

【米国】雇用統計 過去データ&失業率グラフ(1998年〜2009年6月)

米6月非農業部門雇用者数は-46.7万人となり、市場予想の-36.5万人より弱い結果となった。
また、同失業率は9.5%となり、市場予想の9.6%より強い結果となった。出所:FX-Wave



【過去記事】
 2009.06.06

2009.07.02 21:30

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  FX 為替 投資のためのブログ記事サイト

【日本】5月全国消費者物価指数について

5月全国消費者物価指数(生鮮食品除・前年比)は-1.1%となり、市場予想通りの結果となった。出所:FX-Wave



【過去記事】
 2009.05.01

【関連記事】
 コアCPIは過去最大の下落率
 日本経済は過剰投資か過少投資か
 日本の金融規制は適切?
 ※コピペ多用&公開不可能なコメントも混ざる為、閲覧にはID/Passが必要となります。

にはID/Passが必要となります。

2009.06.26 11:30

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  FX 為替 投資のためのブログ記事サイト

【南ア】5月消費者物価指数(CPI)& 政策金利

昨日発表の南ア5月消費者物価指数は前年比+8.0%、市場予想+7.9%に比べ大。
また、先ほど発表の政策金利は、0.50%引き下げの市場予想に反して、7.50% に据え置きとなった。


消費者物価指数&政策金利の推移
出典:南ア準備銀行 (SARB:http://www.reservebank.co.za/
http://www.statssa.gov.za/publications/statsdownload.asp?PPN=P0141&SCH=4053

・前回 8.50% → 7.50% に引き下げ。
・2008年12月から5回連続。
・1-3月期国内総生産(GDP)前期比年率-6.4%。
・インフレは依然として高水準。


【過去記事】
 2009.05.27

2009.06.25 22:30

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  FX 為替 投資のためのブログ記事サイト

米雇用統計 過去データ&失業率グラフ(1998年〜2009年5月)



・5月の米雇用統計で、非農業部門雇用者が34.5万人減少と予想の52.0万人減少と比べて雇用の減少ペースが緩和。
・これを受けて、ドル円上昇、ユーロドル・ボンドドル下落。
・失業率は以前上向き。。。
・雇用減少ペースの緩和も、本物なのかどうか。。。

USDJPY  EURUSD

2009.06.06 0:30

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  FX 為替 投資のためのブログ記事サイト


【W2Cトレード研究会(オンライン)】

【各国】政策金利 一覧(2009/05/29 現在)



【経済指標・時事ニュース 】
・GMの破産法申請、6月1日織込済み? 詳細
・南アフリカ準備銀行(SARB)は28日、金融政策決定会合を開き政策金利を100bp引き下げ7.50%に設定すると発表。これにより金利引き下げは5回連続となる。上図参照。 追加利下げを継続するシナリオも残っている模様だが、実質金利はすでにマイナスで、利下げ打ち止め感も。。。
・26日の海外市場で発表された南アフリカ第1四半期GDPは、前期比で年率-6.4%となり、前期の-1.8%に続いて2四半期連続でのマイナス成長となり、17年ぶりの水準に落ち込んにもかかわらず、対ドル、円、ユーロで南アランド相場堅調維持。 詳細

2009.05.29 11:30

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【W2C交流会(食事会)のお知らせ】

【南ア】4月消費者物価指数(CPI)

南ア4月消費者物価指数は前年比+8.4%となり、市場予想の同+8.3%より強い結果となった。



消費者物価指数&政策金利の推移
出典:南ア準備銀行 (SARB:http://www.reservebank.co.za/
http://www.statssa.gov.za/publications/statsdownload.asp?PPN=P0141&SCH=4053

【過去記事】
 2009.05.22 南アランド・日足チャート(ZAR/JPY,USD/ZAR,EUR/ZAR)
 2009.03.18 SARB(南ア準備銀)が2009年の政策会合スケジュールを見直し
 2009.02.26 SARBはターゲット指標をCPIXからCPIへ変更

【関連レポート】
昨日発表された南アフリカ第1四半期GDPは、前期比年率マイナス6.4%でとなり、前回マイナス1.8%に続いて2四半期連続でのマイナス成長となり、17年ぶりの水準に落ち込んだ。

にもかかわらず、南ア・ランド相場は、対ドルで発表直後ランド売りが進んだが、対円では、その後も11.25−30レベルを維持。この悪結果を全く無視するかのように堅調に推移中。

ZAR/JPY相場12円オーバーの勢いで早々にも13円がみられるかも。
詳細はこちらをご覧下さい。 (コピペ多用&公開不可能なコメントも混ざる為、閲覧にはID/Passが必要となります。)



2009.05.27 18:30

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング


【W2C交流会(食事会)のお知らせ】

【各国】政策金利 一覧(2009/05/08 現在)

【各国】政策金利 一覧(2009/05/08 現在)



2009.05.10 02:00

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

米雇用統計 過去データ&失業率グラフ(1998年〜2009年4月)



2009.05.09 18:00

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

北辰物産株式会社
6/6付で「DRAGON FX 24」取引停止 → http://trilogyinc.seesaa.net/
業界再編? 以前から予測はしていましたが、今後も業者の自主廃業が続きそうな感じです。。。

【日本】3月全国消費者物価指数について



3月全国消費者物価指数(生鮮食品除く)は前年比-0.1%となり、市場予想の-0.2%より強い結果となった。出所:FX-Wave

【過去記事】
 2009.03.27

2009.05.01 11:30

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【各国】政策金利 一覧(2009/04/30 現在)




【南ア指標結果 】
・南アフリカ準備銀行(SARB)は30日、金融政策決定会合を開き政策金利を100bp引き下げ8.50%に設定すると発表した。なお、100bpの利下げは市場予想通り。
・南ア3月貿易収支は5億ランドの赤字となり、市場予想の36億ランドの赤字より赤字幅を縮小する結果となった。
出所:FX-Wave

2009.04.30 21:30

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【南ア】3月消費者物価指数(CPI)

■南ア3月消費者物価指数は前年比+8.5%となり、市場予想の+8.4%より強い結果となった。



消費者物価指数&政策金利の推移
出典:南ア準備銀行 (SARB:http://www.reservebank.co.za/
http://www.statssa.gov.za/publications/statsdownload.asp?PPN=P0141&SCH=4053

【過去記事】
 2009.03.25
 2009.03.18 SARB(南ア準備銀)が2009年の政策会合スケジュールを見直し
 2009.02.26 SARBはターゲット指標をCPIXからCPIへ変更


■以降、今週の当方注目指標

29日(水)
【21:30】米第1四半期GDP
【27:15】米FOMC政策金利発表

30日(木)
【 未定 】日銀金融政策決定会合
【06:00】NZ中銀政策金利発表
【18:00】欧4月消費者物価指数速報
【21:30】南ア3月生産者物価指数
【21:30】加2月GDP
【21:30】米週間新規失業保険申請件数
【21:30】米3月PCEデフレーター
【21:30】米4月シカゴ購買部協会景気指数

5/1日(金)
【08:30】日3月失業率
【08:30】日3月全国消費者物価指数
【23:00】米4月ISM製造業景気指数
【23:00】米4月ミシガン大学消費者信頼感指数


■南ア関連チャート

ZAR/JPY 8h

USD/ZAR 日足

EUR/ZAR 日足

2009.04.29 18:30

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【各国】政策金利 一覧(2009/04/16 現在)



各国政策金利の確認です。残りは下記日程です。

4/21(火) 22:00 カナダ中銀政策金利発表
4/30(木) 未定 南アフリカ(SARB)政策金利発表
4/30(木) 未定 日銀金融政策決定会合
4/30(木) 03:15 米国(FOMC)政策金利発表


そろそろナイアガラ再来。。。の話もありますが、、、
懸念材料としては、GMの破産法適用申請、資金供給過多のFRBですかね。

2009.04.16 12:00

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング


続き。。。

【南ア】南アフリカ関連ニュース一覧 20090408

■04/07 15:10
【要人発言】ムボエニ南アフリカ中銀総裁
「経済は第2四半期までは収縮するだろう」
「エネルギー価格の下落がインフレ圧力を緩和している」
出所:FX-Wave

■04/07 16:49
南アフリカの国家検察局は6日、与党アフリカ民族会議(ANC)のズマ議長に対する汚職起訴を取り下げた。国内では「今回の判断は与党の圧力の結果であり、民主主義の原理に反する」との批判が高まっているが、為替市場への影響はほとんど見られなかったようだ。
出所:GI24

■04/08 05:49
南アフリカランド軟調。アジア時間にムボヴェニSARB(南ア準備銀)総裁の「南アの第2四半期経済はマイナスの見込み」「南アの第2四半期経済が落ち込んでもサプライズではない」などのコメントが重しとなった。
出所:ひまわりマーケトニュース

■04/08 18:30
3月南アフリカSACOB景況感指数 発表予定


【南ア記事】
 2009.04.05
 2009.04.03

2009.04.08 13:30

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング


続きを読む。。。

米雇用統計 過去データ&失業率グラフ(1998年〜2009年3月)

米3月雇用統計非農業部門雇用者数は-66.3万人(市場予想-66万人)、3月失業率は8.5%(市場予想通り)の悪結果となった。同水準は1983年以来の悪い水準。

マーケット、ドル/円は、ほぼ予想通りの結果となったことで、発表前からリスク回避の動きが先行した分、買戻しが先行し100.25まで上昇、瞬間高値更新を記録したが、その後は前々回1月の確定値が -65.5万人 → -74.1万人 へと修正されたこともあり乱高下を繰り返した。



出所:http://www.bls.gov/data/#employment 、http://data.bls.gov/cgi-bin/surveymost?ln

【前回記事】
 2009.03.06

2009.04.04 0:00

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【日本】2月全国消費者物価指数について

 総務省が27日朝発表した2月の全国消費者物価指数(CPI、2005年=100)は生鮮食品を除く総合で前年同月比横ばいと、市場予想平均の前年同月比横ばいと同じだった。生鮮食品を含む総合は前年同月比0.1%低下だった。出所:GI24



【過去記事】
 2009.02.27

2009.03.27 10:30

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【関連ニュース】
 補足・W2Cクローズ情報 (コピペ多用&公開不可能なコメントも混ざる為、閲覧にはID/Passが必要となります。)

【W2C主催イベント】

【南ア】2月消費者物価指数(CPI)

南ア2月消費者物価指数は前年比+8.6%となり、市場予想の+8.3%より強い結果となった。



消費者物価指数&政策金利の推移
出典:南ア準備銀行 (SARB:http://www.reservebank.co.za/
http://www.statssa.gov.za/publications/statsdownload.asp?PPN=P0141&SCH=4053

【過去記事】
 2009.03.18 SARB(南ア準備銀)が2009年の政策会合スケジュールを見直し
 2009.02.26 SARBはターゲット指標をCPIXからCPIへ変更

2009.03.25 19:00

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
【W2C主催イベント】

【各国】政策金利 一覧 (南アSARB 2009/03/24 現在)



【指標】南アフリカ準備銀行(SARB)は24日、金融政策決定会合を開き政策金利を100bp引き下げ9.50%に設定すると発表した。 なお、100bpの利下げは市場予想通り。

【発言】ムボウェニ総裁「09年3Qインフレ見通しは6%下回る水準に」 出所:FX-Wave


やっとインフレターゲット内に戻るのですね。あの恐がってた頃が懐かしい。(http://w2c.seesaa.net/article/71214377.html) 金利引き下げはマイナス要因ですが、これは大きなプラス要因です。

【過去記事】
 2009.03.18

W2Cメンバーへ、
南アランド/円日足チャート分析は、こちら裏ブログをご覧下さい。



好調キープ、
W2Cワンデーシステムトレードwst5 実践結果報告

導入以降、ハイパフォーマンス継続中、
W2C超短期システムトレードstBB 実践結果報告


2009.03.24 22:30

ランキングに参加しています ⇒  にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
【PENTAGONセミナー情報】

主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議 【ホーシャム(英国南部)】

・主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が閉幕。
・「世界の成長を回復させるさらなる行動を取る」との共同声明を採択。
・財政出動の重要性は共通認識だが、保護主義的な通商政策は排除。
・格付け会社などへの規制強化にも大筋合意。
・4月2日にロンドンで行われる金融サミットの準備会合との位置づけ。
・為替相場への言及なし。

G8: 日本 ドイツ イギリス アメリカ フランス イタリア カナダ ロシア
G20: G8+アルゼンチン 南アフリカ オーストラリア 韓国 トルコ ブラジル インド メキシコ インドネシア 中国 サウジアラビア 欧州連合

2009.03.15 13:30

ランキングに参加しています ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
【W2C主催イベント】

米雇用統計(非農業就業者数)過去データ&失業率グラフ(1998年〜)

米2月非農業部門雇用者数は-65.1万人となり、市場予想の-65.0万人より弱い結果となった。
また、同失業率は8.1%となり、市場予想の7.9%より弱い結果となった。出所:FX-Wave



出所:http://www.bls.gov/data/#employment 、http://data.bls.gov/cgi-bin/surveymost?ln

【前回記事】
2009.02.07

2009.03.06 22:30

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【各国】政策金利 一覧(2009/03/05 現在)

イングランド銀行(英中央銀行、BOE)は21:00 政策金利を現行の1.00%から0.50%引き下げ0.50%にすることを発表し、いったん下げ渋ったものの売りに押された。

欧州中央銀行(ECB)も21:45 政策金利を2.00%から0.50%引き下げて1.50%にすることを発表したが、市場の予 想通りの結果となったため、いったん買い戻しが入った。



2009.03.05 22:30

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【日本】1月全国消費者物価指数について

総務省が本日発表した1月全国消費者物価指数(生鮮食品除く)は前年比±0.0%となり、市場予想の-0.1%より強い結果となった。出所:FX-Wave



【過去記事】
 2009.01.30

上記本邦経済指標発表をキッカケに、ドル円・クロス円は軟調。「豪ドル円には邦銀の売りや英系売りも入っている」(邦銀筋)といい、豪ドル円にも邦銀の売り、62.71円まで下落。出所:FX-Wave


・AUD/JPY 62.5 サポートされれば強気継続と判断します。
・週末の調整で今週の終値に注目。
・ランド/円は10.4-12.4まで空白地帯。
・昨晩久々の10円台をつけたが、ロング掴っている身として本当につけて欲しいのは前記レベル超え。
・本日の短期売買戦略は、ドル/円の戻り売りで。

2009.02.27 13:00

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【南ア】1月消費者物価指数(CPI)

南ア1月消費者物価指数は前年比+8.1%となり、市場予想の+7.5%より強い結果となった。なお、南ア統計局から、コア指数であるCPIXは公表しないとのアナウンスがあった。


消費者物価指数&政策金利の推移
出典:南ア準備銀行 (SARB:http://www.reservebank.co.za/
http://www.statssa.gov.za/publications/statsdownload.asp?PPN=P0141&SCH=4053

【過去記事】
 2009.01.28
 2007.12.06

============
SARBはターゲット指標をCPIXからCPIへ変更  

  南ア1月消費者物価指数(CPI)は前年比+8.1%となり、市場予想の同+7.5%こそ上回ったものの、前月の同+9.5%から大幅に低下した。これで同指数は昨年8月に同+13.7%でピークを打ってから5ヶ月連続の低下に。単月の結果としても07年10月以来の低水準に達している。
 依然としてCPIは南アフリカ準備銀行(SARB)のターゲット(3-6%)上限を上回って推移しているが、足もとの低下傾向から考慮すると、近くターゲット内に入ることが確実な情勢となってきた。市場ではこうした状況からSARBがインフレ懸念から景気下支えに軸足を移すことができるとして、大幅利下げの継続を視野に入れているようだ。また、ムボウェニSARB総裁も経済データがSARB予想を下回った場合には、緊急の金融政策委員会(MPC)を開く可能性について言及しており、次回のMPC(予定は4月15-16日)までに緊急利下げが行われるケースも否定できないだろう。
 なお、南ア統計局は「住宅抵当融資金利を除いた消費者物価指数(CPIX)」の発表を今回中止。これまでSARBはCPIXをターゲットに用いる指標として採用していたが、今回の決定よりCPIに採用指標が変わることになる。

出所:FX-Wave

2009.02.26 16:00

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

FX関連ニュース 20090226:補足 (コピペ多用&公開不可能なコメントも混ざる為、閲覧にはID/Passが必要となります。)

日本政府は通貨発行権があるから大丈夫!?

gooニュース・ビジネスカテゴリーに掲載された記事、1ドル70円台の日本経済が注目されているようですのでご紹介します。

長文ですので要約しますと、

・円高による日本経済への影響はマイナスではなくプラス
・歴史上通貨高が原因で経済破綻した国はない(逆ならいくらでもあるが...)
・日本は外需依存国(=輸出対GDP比率が高い)というのは正確ではなく、輸出依存度は15%程度。主要国の中でアメリカの次に低い。付け加えると、製造業が衰退したイギリスよりも低く、ドイツや中国、韓国など40%を超える国も存在する。
・1995年の1ドル80円を切ったときから比べれば、実質実効為替レートはまだ円安。
・日本の内需がダメというのは間違いで、個人消費はGDPの56%を占める。日本のGDPは98%以上が内需。GDPは世界2位なので、非常に大きな内需が存在する国である。
・さらに円高で購買力が高まることが期待され、輸入・消費で世界をリードでき得る規模。
・少子高齢化による人口減が騒がれているが、昨年のそれは高が5万人(▲0.04%)程度。上記理由で個人消費が1%伸びるならこれは誤差レベル。
・「40兆円景気対策」規模の議論で、財政破綻寸前と誤認されているようだが、日本政府の債務は95%以上が国内向けの国債。政府の金融資産だけで550兆円近くもあるよう国は他には無く、通貨発行権をもっていることからも財政破綻などありえない。

出所:gooニュース http://news.goo.ne.jp/article/php/business/php-20090219-09.html


個人的には「日本政府は通貨発行権があるから大丈夫」という部分だけには違和感を覚えました。
ある程度までは問題とならないそうですが、国債発行から政府資産を引いた額などとても・・・
やりすぎると後のインフレと貨幣価値の下落、最悪なのはある程度の金融資産を保有する国民ですから。デノミ対策が我々の裏テーマ。

2009.02.23 16:00

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

G7共同声明の原案が明らかに

各国は内需拡大、雇用創出のための財政出動を機動的に行う
各国が、例外的な措置を含めた金融市場安定化策を行ってきたことを確認
世界の貿易に打撃を与えかねない保護主義には強い懸念
人民元は切り上げが望ましい

2009.02.14 21:30

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【各国】昨晩の要人発言と週末G7について...20090211

■ガイトナー米財務長官 
金融支援策について事前予測の域を出ず、具体策を欠いていた事から失望感が先行
→ダウ平均 ドル/円・クロス円下落

■カナダ財務省匿名高官
G7で国際的金融機関の改革について議論。為替についても幾分かの議論あるだろう

■中川財務・金融相
G7声明での円高懸念言及の可能性後退

■ダーリング英財務相
G7、貸し出しの活性化が焦点になる見通し

出所:ひまわりマーケトニュース

2009.02.11 13:30

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

米雇用統計(非農業就業者数)過去データ&失業率グラフ(1998年〜)


出所:http://www.bls.gov/data/#employment 、http://data.bls.gov/cgi-bin/surveymost?ln

米1月非農業部門雇用者数は-59.8万人となり、市場予想の-54.0万人より弱い結果となった。
また同失業率は7.6%となり、市場予想の7.5%より弱い結果となった。
出所:FX-Wave


上図&データから。。。
・2003年9月〜2007年12月の期間プラス継続
・2008年1月から一転マイナスへ
・前記プラス期間の(単純な)合計は 825万6千人
・現在も続くマイナス合計 318万7千人
・その差は +506万9千人


【前回記事】
 2009.01.10

2009.02.07 0:00

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【各国】政策金利 一覧(2009/02/05 現在)

■2009/02/05  22:30
南アフリカ準備銀行(SARB)は5日、政策金利を100bp引き下げ10.50%とすることを発表した。引き下げは市場予想通りとなる。

■2009/02/05  21:45
欧州中央銀行(ECB)は5日、理事会を開催して政策金利を2.00%に据え置くと発表した。これは事前の市場予想通りの結果。

■2009/02/05  21:00
イングランド銀行の金融政策委員会(MPC)は、政策金利を50bp引き下げ1.00%にすることを決定した。50bpの金利引き下げは市場予想通り。
出所:FX-Wave



2009.02.06 0:00

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【日本】12月全国消費者物価指数について (&政策金利)

総務省が30日朝発表した12月の全国消費者物価指数(CPI、2005年=100)は生鮮食品を除く総合で前年同月比0.2%上昇した。市場予想平均の0.3%より弱かった。前年比での上昇は14カ月連続。生鮮食品を含む総合は前年同月比0.4%上昇だった。出所:GI24



・この急降下は昨年秋の考えとは真逆の展開。2008.09.26
・資源価格のこれほどの落ち込みや、異常なスピードで進む景気後退を、あらためて実感するデータのひとつです。
・1月度から再びマイナス(デフレ)に落ち込むのでしょうか...

2009.01.30 12:00

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【各国】政策金利 一覧(2009/01/29 現在)



    各国の政策金利
  • 日本       0.10%  直近0.20%利下げ 12/19  次回 2/19

  • 米国       0.25%  直近0.75%利下げ 12/16  次回 3/18

  • 欧州       2.00%  直近0.50%利下げ 1/15  次回 2/5

  • 英国       1.50%  直近0.50%利下げ 1/8  次回 2/5

  • カナダ      1.00%  直近0.50%利下げ 1/20  次回 3/3

  • 南アフリカ    11.50%  直近0.50%利下げ 12/11  次回 2/5

  • オーストラリア  4.25%  直近1.00%利下げ 12/2  次回 2/3

  • ニュージーランド 3.50%  直近1.50%利下げ 2/29  次回 3/12

(出所.各国中央銀行)

・各国急激な金利引き下げをあらためて確認。
・ちいさなトピックとして、2004年以来のRBA、RBNZ金利逆転。ここまでの差が2/3に埋まるか?
・南アSARBも大幅利下げに踏み切る模様。比して高金利はキープ。

2009.01.29 12:00

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【南ア】12月消費者物価指数(CPIX)

南ア12月消費者物価指数(CPIX)は前年比+10.3%上昇となり、市場予想の同+10.6%より弱い結果となったそうです。

これで4ヶ月連続下落。計算方法、世界的なデフレ傾向もあるとは思いますが、急激な金利引き上げ効果もやっと現れてきたようですね。
下図からも急激な下降が見て取れ、ピークアウトは確かかと。インフレターゲットまではまだまだ遥か彼方ですが、かなりいい傾向なのではないでしょうか。政策金利との差も再逆転しましたし。(来週また逆転するかもしれませんが)



消費者物価指数&政策金利の推移
出典:南ア準備銀行 (SARB:http://www.reservebank.co.za/
http://www.statssa.gov.za/publications/statsdownload.asp?PPN=P0141&SCH=4053


2009.01.28 18:30

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【各国】政策金利 一覧(2009/01/16 現在)



    各国の政策金利
  • 日本       0.10%  直近0.20%利下げ 12/19  次回 1/22

  • 米国       0.25%  直近0.75%利下げ 12/16  次回 1/28

  • 欧州       2.00%  直近0.50%利下げ 1/15  次回 2/5

  • 英国       1.50%  直近0.50%利下げ 1/8  次回 2/5

  • カナダ      1.50%  直近0.75%利下げ 12/9  次回 1/20

  • 南アフリカ    11.50%  直近0.50%利下げ 12/11  次回 2/12

  • オーストラリア  4.25%  直近1.00%利下げ 12/2  次回 2/3

  • ニュージーランド 5.00%  直近1.50%利下げ 12/4  次回 1/29

(出所.各国中央銀行)

2009.01.16 13:00

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【欧州】ECB利下げ観測とその後とられる経済政策について

今年の相場は、今のところではありますが、原油も為替もトレンドが短命です。
今週は、ECB の利下げ観測を徐々に織り込んでいく形で推移しているような感じです。
ユーロ/ドル、ポンド/ドル、ユーロ/ポンドが主体でクロス円はその延長線上にありますから、いまさらですが特に今は、クロス円でのトレードも前記通貨ペアに注意を払う必要があります。

ECBが現在の2.50%からどこまで利下げするかはわかりませんが、どの国でも昨年後半以降、銀行が家計・企業への融資を絞る傾向が加速しています。

先週のBOE声明文(各国同じ状況なので一番近いこれを使います...)では、非金融部門への資金供給を増やす追加策が必要だとの指摘もあり、国債の買い上げなどの対策 = 直接資金を供給するという量的緩和策に移行してゆくと思われます。


この金融政策は、かつて日本が取った金融措置でもあり、現在米FRB(米連邦準備理事会)が取ろうとしている金融措置でもあります。
利下げ措置だけでは今回の経済収縮状態、信用悪化は防ぎきれないとの判断なのでしょう。

中央銀行が一番恐れていることは、デフレーション(デフレ)です。
デフレの進行は経済の悪化、そして収縮を繰り返し、経済規模がどんどん小さくなる(最悪は、デフレがさらなるデフレを招くデフレスパイラル)ことを意味し、これは何としても防ぎたいとの思いは各国共通です。

2009.01.13 14:30

ご訪問ありがとうございます。退出前にランキングUPへのご協力をお願いしますm(_ _)m
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

米雇用統計(非農業就業者数)過去データとその取得方法(1998年〜)



出所:http://www.bls.gov/data/#employment 、http://data.bls.gov/cgi-bin/surveymost?ln


米国経済指標データの中でも特に注目の高い、雇用統計-非農業就業者数の増減Dataを、1998年〜2008年(11年分)についてエクセルシートにまとめました。(ついでに失業率も)
ご自身でデータを加工・分析したい方は、下よりダウンロードしてお使い下さい。

 ⇒ ダウンロード :米国経済指標データ 1998年〜.xls


過去資料については、 ダウンロード 一覧ページをご覧下さい。
 ※ 過去勉強会等で用いました資料やテキストをまとめて掲載。
 ※ PasswordのかかっているものはW2Cメンバー内資料。

2009.01.10 17:00

ご訪問ありがとうございます。退出前にランキングUPへのご協力をお願いしますm(_ _)m
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

最悪の2008年 〜金融・株〜

最悪記録尽くめの2008年。特に年後半はどの銘柄も異常な振れ幅で、これまで通用したメゾッドや過去Data分析を崩壊させてしまいました。
■ 3/16 米大手証券5位ベアスターンズが実質破綻

■ 7/11 原油先物史上最高値147ドル/バレル (その後5ヶ月で32ドル台へビックリの急落)

■ 9/15 米大手証券4位リーマンブラザーズが米連邦破産法11章の適用を申請
    その後のポールソン米財務長官の「リーマン救済に税金を使うのが適当と考えたことは一度もない」という発言が最悪の2008年を演出!

■ 9/29 米下院が「金融安定化法案」を否決。 (ダウ平均777ドル急落)
    政府への信頼崩壊。金融機関同士の財務状態への相互不信が高まり、信用収縮が加速した。

■10/27 日経平均株価がバブル後最安値を更新、異常円高でクロス円の安値も大幅更新。 (次の日の10/28には26年ぶりの6000円台へ)
    日経平均株価下落率の上位
  • 1位 14.90% 1987年10月20日

  • 2位 11.41% 2008年10月16日

  • 3位 10.00% 1953年 3月 5日

  • 4位  9.62% 2008年10月10日

  • 5位  9.60% 2008年10月24日

  • 6位  9.38% 2008年10月 8日
■11/ 4 米大統領選挙でオバマ氏当選

■12/16 FOMC米政策金利0.25%へ ゼロ金利政策

■12/18 13年ぶりの1ドル=87円台

■12/19 日銀追加利下げ0.1%へ (10/31に7年7ヶ月ぶりの利下げより1ヶ月半)




2008.12.31 16:00

ご訪問ありがとうございます。退出前にランキングUPへのご協力をお願いしますm(_ _)m
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

P.S. 補足情報 (コピペ多用&公開不可能なコメントも混ざる為、閲覧にはID/Passが必要となります。)


【南ア】11月消費者物価指数

南ア11月消費者物価指数は前年比+12.1%。
資源やエネルギー価格のスピードと比べ、やや下落が遅い気もします。明日19日(金)昼ごろ?発表の日銀金融政策決定会合含め、今後も各国政策金利動向に注目です。


消費者物価指数&政策金利の推移
出典:南ア準備銀行 (SARB:http://www.reservebank.co.za/

【過去記事】
 2008.11.26
 2008.08.27

2008.12.18 11:00

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【米国】いつのまに逆転?!

17日04:15、米連邦公開市場委員会FOMCがあります。
利下げ幅予想は0.5%↓の「政策金利0.5%」へとのことですが...
先週からすでにドル/円ロング(ドル買い・円売り)はマイナススワップになっています。
少し前まで「逆転なんてありえない」って考えいたことが現実味をおびてきました。長期的な予測がワークしない...ファンドの広告チラシが痛々しく見えます。
    通貨ペア 買 売
  • EUR/USD 58 -63

  • EUR/JPY 52 -62

  • USD/JPY -10 5

  • AUD/JPY 55 -58

  • GBP/JPY 35 -45

  • ZAR/JPY 220 -260

金利に関してですが、日本はもとより、スイス、アメリカももうこれで下げ止まり、限界ですね。
利下げ基調のときはその国の通貨は買われません。(当たり前?)
ということは...
量的緩和政策に移行するらしいのですが、下げ止まり後の挙動は? まあ考えるだけ無駄かもしれませんが...

今週のイベントを列記します。FOMC会合後の声明に注目です。
16日)ゴールドマンサックス決算発表
17日)米連邦公開市場委員会FOMC
17日)モルガンスタンレー決算発表
?日)米政府による自動車業界救済関連

2008.12.16 12:30

ご訪問ありがとうございます。退出前にランキングUPへのご協力をお願いしますm(_ _)m
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【日本】週明け上々の滑り出しに一息!?

 ビッグスリーの経営陣と組合が立場をわきまえていないこと?で、先週末はまたまた世界中が大混乱。  が、ふたを開けてみれば、ブッシュ大統領の「TARP(不良資産救済プログラム)で救済」というのに期待しているのか、その他日韓外貨交換枠を拡大等)からか、週末感じた今週への不安はどこへやら... 今のところ週明の静かなスタートに一安心です。(株式市場も含め上々の滑り出し)

 いずれにしても、これで、ドル/円90円割れのテクニカル要因とともに、一応大きなイベントリスクもこなした形ですので、これ以上の円高進行懸念材料が出てこない限り、あっても後一度、安値更新を覚悟しておけばいいぐらいに考えております。

 逆に、政治混迷を極める日本、そしてその国のリーダー?の不甲斐なさ、企業体力の低下と雇用環境の悪化。 再デフレスパイラル...etc.
先ほど発表の日銀短観でも「大企業・製造業」で、なんと1975年オイルショック以来の下落幅と、本邦経済指標では唯一?世界の注目を集めるものだけに、これで前記と共にやっと日本の正確な状況・情報も伝わったのではないでしょうか。
( )は事前予想
日銀短観(大企業製造業業況判断)-4Q:-24(-23)
日銀短観(大企業製造業先行き)-4Q:-36(-27)
日銀短観(大企業非製造業業況判断)-4Q:-9(-9)
日銀短観(大企業非製造業先行き)-4Q:-14(-12)
日銀短観(大企業全産業設備投資)-4Q:-0.2%(-0.7%)

 ここまで下値上値を抑え込んで貯めて来たエネルギーが上向きに放出されることも大いに期待できます。


「山高ければ谷深し」...
「強気相場は悲観の中に生まれ懐疑の中で育ち楽観の中で成熟し幸福感の中で消えていく」

2008.12.15 12:30

ご訪問ありがとうございます。退出前にランキングUPへのご協力をお願いしますm(_ _)m
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

P.S. 補足情報 (コピペ多用&公開不可能なコメントも混ざる為、閲覧にはID/Passが必要となります。)

【南ア】南アフリカ(SARB)政策金利 +その他

更新が遅れていたところに、ずっと懸念されてきたビッグ3のサプライズニュースと、それによる90円割れが同時に来てしまいました。ドル/円は、90円割れから30分で88円までダイブ。(安定感を誇る?GFT:DealBookも結構長時間、固まりました) その他クロス円も引きずられ、ここまでの小さな上昇分を一気に吐き出し、大きく下落中。安値更新ペアが今後も続くのか...


-------------
ずっと更新していますので、一応昨晩の南アフリカ中央銀行(SARB)政策金利の推移グラフを消費者物価指数と共に記載しておきます。同時に、最近変動の激しい各国政策金利もアップしておきます。ご査収下さい。
  

【関連ブログ】
 ワンデーシストレ 5.3にVer.Upされました。
 コンセプトwst5.2との比較です。バックテスト結果は年度毎に順次アップします。

2008.12.12 17:00

ご訪問ありがとうございます。退出前にランキングUPへのご協力をお願いしますm(_ _)m
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【各国】今週の重要指標(&政策金利発表)を織り込んできましたね

クロス円が売り込まれてます。
今週は重要指標が目白押し。
2日(火)
豪 RBA政策金利発表【12:30】N/A

3日(水)
米 11月ADP全国雇用者数【22:15】-19.5万人
米 11月ISM非製造業景況指数【24:00】42.0
米地区連銀経済報告(ベージュブック) 【28:00】

4日(木)
NZ RBNZ政策金利発表【05:00】N/A
英 BOE政策金利発表【21:00】2.00%
欧 ECB政策金利発表【21:45】2.75%
米 週間新規失業保険申請件数【22:30】54.0万件

5日(金)
米 11月雇用統計・非農業部門雇用者数【22:30】-32.5万人

各国利下げ予想だけでも、
  豪 RBA政策金利 5.25 → 4.50〜4.25%
  NZ RBNZ政策金利 6.50 → 5.50〜5.25%
  英 BOE政策金利 3.00 → 2.25%〜2.00%
  欧 ECB政策金利 3.25 → 2.75%

これらを織り込み、マーケットはクロス円のショートメイク中。
が、逆に結果、予想の範囲内、あるいは思ったほど悪くなかった場合、いつものパターン通り当然買戻されるでしょう。
注目は、BOEとECBの金利再逆転と、米雇用統計雇用者数-32万人より上か下か。
突発は、米自動車Big3、CitiBANK救済関係の報道ですか。。。

2008.12.02 2:00

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【日本】10月全国消費者物価指数について (&政策金利)

10月全国消費者物価指数(生鮮食品除く)は前年比+1.9%、これは市場予想通りの結果のようです。
これまでクロス円スワップが主投資スタンスでしたので、この指標は以前から継続して監視してきました。
下図からもハッキリと反転下降傾向が見て取れ、今後はこれまでの予想と反して再びデフレ懸念となっているようです。マーケット9月以降の大きな動きの影響が出てきました。



【過去記事】
 2008.10.31
 2008.09.26
 2008.08.12

2008.11.28 12:00

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

P.S. 補足情報

【南ア】10月消費者物価指数(CPIX)

南ア10月消費者物価指数(CPIX)は前年比+12.4%となり、市場予想の同+12.5%より弱い結果となったそうです。
2ヶ月連続で下落。インフレターゲットまではまだまだ遥か彼方ですが、とりあえずいい傾向なのではないでしょうか。政策金利との差も縮まってきました。(まだ逆転していますが)


消費者物価指数&政策金利の推移
出典:南ア準備銀行 (SARB:http://www.reservebank.co.za/
http://www.statssa.gov.za/publications/statsdownload.asp?PPN=P0141&SCH=4053

ZAR/JPY4時間足

2ヶ月分の値動きが見られるように4時間足を使いました。
9月、リーマンブラザーズ破綻をキッカケに始まった今回の金融危機ですが、10/24までの下落と今回のものは、直線(チャネルライン)で示したように傾きに大きな差がみられます。(その他クロス円も同様)
10.4あたりで2度止められ反転下落したレベルが、今回の9.8レベル。ここも先週止められ2度目で、この2つの水準を超えることができてはじめて、安心感からの大きな買い玉が入るのではないでしょうか。
パーフェクトオーダーの4時間足変形版では、近くロングサインの点灯も...

【過去記事】
 2008.11.07
 2008.10.10
 2008.09.24

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【各国】金融世界経済に関する首脳会合宣言

・金融システム安定化に必要なあらゆる追加的措置の実施
・即効性のある内需刺激策・財政施策を活用
・IMFの役割を強調、新興国、途上国の資金調達を支援
・IMF、世界銀、国際開発金融機関に十分な資金を確保


・金融市場の健全な規制を強化(全金融商品・参加者が適切に規制/監督の対象に。 信用格付け会社に対する強力な監督を実施)
・金融市場の透明性及び説明責任の強化(複雑な金融商品の義務的開示、金融機関の財務状況の完全・正確な開示)
・金融市場における公正性の促進(投資家・消費者保護を強化、不法な相場操縦、詐欺行為、乱用を防止)

出所:日経新聞

あとで振り返って確認し易いよう、今回の歴史的な金融危機に対する「サミット」の声明、内容をまとめておきました。
決意は十分、実現・実行できるかどうかはわかりませんが、いままで放置(黙認?)してきた問題点の改善と、今からの具体策を世界の共通認識としたのですから、投資家心理、恐怖心はかなり収まっていくのではないでしょうか。
不安視されてきた、新興国・途上国に対する支援も盛り込まれており、再び世界経済のけん引役、エンジンとして機能する日が近いと思われます。今回のコミットが先週までのマーケットにおいて、どこまで織り込まれていたのかはわかるはずもありませんが、マイナスサプライズがなかった事に一安心というところでしょうか。

2008.11.16 14:00

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

P.S. 補足:金融サミット宣言骨子全文

【各国】ワシントンG20「金融サミット」合意見通しの項目

先進国と新興国20か国の首脳たちが金融危機への対応策を協議する「金融サミット」が始まっています。
大した期待もされていないような雰囲気もありますが、すべては市場がどう反応するのかに尽きます。
前回に比べ過度な期待がされていない分、余程のマイナスなサプライズ(ex.米国の過剰な規制への反対、具体的な景気浮揚策が盛り込まれない、行動計画に対する遅延や弱い声明文等)が無い限り、過度に一方向に傾いた株式・為替市場にはプラス材料となるはずですが...

・金融市場の監視機能の強化
・証券化商品に甘い格付けをした格付け会社を含め、金融機関の規制強化
・国際通貨基金(IMF)などの国際金融機関が潤沢な資金を確保できるようにする支援措置

2008.11.15 13:30

ご訪問ありがとうございます。退出前にランキングUPへのご協力をお願いしますm(_ _)m
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング

【各国】主要国際経済ニュース 20081109

・G20 ブラジルで開幕
金融危機の克服と再発防止のため、国際通貨基金(以下IMF)の監視機能を強化する策などを議論。日本時間10日に共同声明を採択して閉幕予定。
 11/15に米ワシントンで開かれる「金融サミット」に向け、G7と新興国の間で具体策の擦り合わせがどこまで進むかも焦点。損失リスクの不透明な金融商品が世界中にばらまかれたことが、危機の拡大を招いたとの認識を共有する見通し。

・ブラジル、ロシア、インド、中国の4か国財務相会議を開催
初の共同声明を発表。声明で「一部の先進国は金融分野のリスク管理や規制、監督で弱みをさらけ出した」と指摘。さらに「低所得国への金融危機の影響を小さくするため、すべての国や国際機関に必要な手段をとるよう求める」と、IMF改革などに新興国の代表として積極的に関与する姿勢を打ち出した。

・NZ総選挙、中道右派が勝利…左派から9年ぶり政権奪回
国民党は、中道右派陣営による連立政権を樹立する見通しで、ジョン・キー同党党首が新首相に就任する。

2008.11.09 12:30

ご訪問ありがとうございます。退出前にランキングUPへのご協力をお願いしますm(_ _)m
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ  人気blogランキングへ  相場師ブログランキング
  • seo