相場の格言金言集

2008年のスタートにふさわしい相場の格言金言集をお贈りします。

先人達が残した相場の格言には、相場の哲学が凝縮されています。

伝説の相場師達による数え切れない投資行動に裏打ちされた格言は、現代の相場の世界に生きる我々にとってどれほど大きな財産であるかはかり知れません。

人間心理のゆらぎをあらわした心理学にも通じる格言、これらひとつひとつの意味を理解し、自身の投資行動やルール形成に是非お役立てください。



              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のドル円、クロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

新しい年がさらに良い年になりますように…

2007年ももうあとわずかとなりました。
歳を重ねると一年がはやく感じられます。

「個人投資家の育成と継続支援を通して日本の金融立国に貢献」という大きなミッションを掲げ、
本年5月に設立されたウィンスクエアクラブも、もうすぐ2年目に突入します。

今年の相場は例年にない難しさだったそうですが、
その中にあって自賛になりますがかなりうまく立ち回れたのではないかと思っています。

来年はさらに皆さんのご期待に添えるよう頑張っていきますので、
引き続き応援の方宜しくお願い致します。m(_ _)m

皆様にとりまして、新しい年がさらに良い年になりますように…

2007.12.31 23:00


P.S.
2007年度確定値です。
レバレッジ設定や管理にお使いください。




              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のドル円、クロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

インディアンが白人にだまされた?

こんな話があります。

1626年、現在のアメリカ大陸、ニューヨークのマンハッタン島は、たった60ギルダー(24ドル相当)でネイティブ・アメリカンから白人の手に渡りました。

格安です。ネイティブ・アメリカンが白人にだまされたようにも見えます。

が、もしこの24ドルを年7%の複利で現在まで運用していたとすると、ネイティブ・アメリカンの方が得をしたということになります。


白人たちは、汗水たらしてその土地を整備し、巨大なビルを建設、マンハッタン島を発展させ、その価値を高めてきました。

一方、ネイティブ・アメリカンは24ドルを複利運用で放置。
しかし計算すると驚くべきその金額は、1兆8000億ドル(約200兆円)。
この莫大な資金をもってすれば、白人が長年手塩にかけて開発を続けた現在のマンハッタン島をまるまる購入できるのです。


これが投資の世界で重要視される複利効果といわれるものです



              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のドル円、クロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

タグ:複利 運用

祝!日経金融新聞一面に当クラブ記事が掲載されました

昨日11/27「日経金融新聞」一面に当ウィンスクエアクラブの投資家支援活動に関する記事が掲載されました。

光栄にも、
 ・「外為専門投資サークルのパイオニア」として紹介
 ・「外為市場の健全な発展の一翼を担う活躍」に期待
というような記事内容となっております。

悪質業者の処分や脱税などFXに関するマイナスイメージの記事が続いていた中、タイミングよく掲載していただいたことにも感謝しております。

下にスキャン画像と全文を載せますので、是非ご一読ください。



 → ダウンロード【無地高画質3.6MB】 



====================
「外為学んで個人も成長」 〜リスクを知り損失を回避〜

外国為替証拠金取引や外貨建て債権などの個人の外貨投資が増えるなか、外為をテーマにした勉強会がじわりと広がっている。この春ごろから続々と、株式中心だった投資グループが外為の研究を始めたり、外為専門のサークルが発足したりしている。規制緩和で証拠金取引が注目を集めるようになった一方で、大きな損失を被るケースも出てきたためだ。

相次ぎ「勉強会」
関西で、この五月外為専門の投資家サークル「ウィンスクエアクラブ」が発足した。六十人ほどのメンバーは二十代から八十代まで幅広い。月二回、自営業者の事務所で、投資対象国の内政や財政状況などをテーマに勉強会を重ねる。早稲田大学の学生が株式投資の勉強をするサークル「Forward」が十月から外為の勉強を新たに始めた。参加者は二十人ほど。週一回、持ち回りで、外為関連の書籍やアナリストの分析などを読み、リポートにまとめて発表する。個人が外為をテーマに集うグループ。昨年まではほとんどみられなかった光景が全国で目立ってきた。株式サークルでは、慶応大学の「実践株式研究会」もこの四月から為替の研究を始め、株を共同で運用する投資クラブ「ミモザ」も五月に外為の勉強を始めた。ウィンスクエアクラブのような専門サークルも他にも出始めた。株式の世界では組織で運用する投資クラブだけでも五百あるとされるが、外為でも「勉強会を含め数十」といわれるようになった。
相次ぐ勉強会の背景には、外為証拠金取引の急増がある。矢野経済研究所によると、証拠金取引の口座数は二〇〇七年三月時点で六十五万件ほどとなり、二年間で三倍以上に膨らんだ。一九九八年の外為法改正で証拠金取引が認められ、ここ数年で個人の関心が急速に高まった。加えて外為相場が荒れ始めた。過去二年の円安局面では、円を売って外貨を買ってさえいればもうけが出やすかった。しかし最近は円高にも振れやすく、損失を被る個人が増えている。相場が激しく動くようになったことも、個人の学習意欲を刺激し始めた。

健全な市場へ
為替相場が動く要因は株式よりも多岐にわたる。投資対象国の経済ファンダメンタルズ(基礎的条件)だけでなく、国際資本取引や政治情勢、通貨制度なども考慮する必要がある。「為替は株と違い相対的に動く。多くの要因がかかわるため一つの物差しで測れない」とファイナンシャルプランナー(FP)の町野隆氏。外為の問い合わせが増え、実践しないとリスクもわからないと考えた。自分自身で証拠金取引を始め、難しさを痛感した。
市場関係者は「個人の知識が深まれば市場にとってもプラス」と勉強会を歓迎する。ウィンスクエアクラブでは「八月に損失を被った円高が再び起こると読んだため、今月の急激な円高局面では参加者はみな無傷で乗り切った」(代表の小島修氏)。金融庁はいま悪質な業者の処分を進めているが、個人も「成長」しないとトラブルは消えない。相次ぎ発足した勉強会が外為市場の健全な発展につながるか・・・。(井土聡子)
出典:(2007年11月27日 日経金融新聞)
http://www.nikkei.co.jp/ks/

2007.11.28 9:00



              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のドル円、クロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

3大市場のスケジュール比較対照表

机の前にでも貼っておいてください。

 → ダウンロード



              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

複利積立計算書

複利のすごさをさらに実感できるExcelシートです。
種銭の小さい方のために積み立て計算をプラスできます。

 → ダウンロード 



              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

バブルと信用収縮

バブル期には人々はリスクを過小評価し、積極的にリスク資産を購入する。
しかしいったんバブルが弾けると、今度はリスクを過大評価し、リスク資産に対して極端に回避的な行動を取る。
心配すべきはバブル再燃ではなく、信用収縮の発生である。


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?


住宅バブル、それぞれの「夢の後」

これがサブプライムローンの実態 
 〜貧乏な人への間違ったお金の貸し方〜  レビュー)ひどい話です...

住宅バブル、それぞれの「夢の後」 
 〜買い手消え、崖っぷちに〜   レビュー)ホント怖い話です...


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

世界の外為取引、1日3兆ドルに!(日本は4位に後退)

世界の外国為替取引規模が今年4月時点で1日平均3兆2100億ドル(約369兆円)と初めて3兆ドルの大台に乗せた。

国際決済銀行(BIS)が25日発表した調査内容によると、

・3年前の調査時、1兆8800億ドルと比べ約71%増。
・国別シェアで日本は6.0%と前回(8.3%)より下がり、3位から4位に後退。
 比較可能な1995年の同調査以降最低で、グローバル金融市場での地位低下が浮き彫りに。
・首位は英国の34.1%。(世界外為取引の1/3以上)
 英国はアジアと米欧の両方から取引に参加しやすい立地条件(=ロンドンタイム)で、外貨取引が集中。
 中でも外貨準備が急増したアジアの新興国などが運用通貨をドル以外に多様化しようと英ポンドやユーロ取引を増やしたことが影響した模様。
・2位は米国(16.6%)、3位はスイス(6.1%)。
 5位のシンガポール(5.8%)は前回よりシェアを高め、日本に肉薄している。

(26日 ロンドン=吉田)

ミクシィ[mixi] のコミュをたてました【再】

■ミクシィ mixi コミュニティ
[ウィンスクエア FX投資クラブ]  

参加方法は、下図の通り「参加する」をクリックするだけです。是非ご参加ください。




■「リアルタイム FXチャット 」では、ブログへのアップが間に合わない時事トレード情報(ポジ)を皆で書き込んで行きましょう。Bookmarkをお忘れなく!常時覗きに来てください。必見です。
リアルタイム FXチャット 


自由にトピック作成してください。
宣伝OKです。


              為替ブログ
              旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

              人気blogランキング
              トレードレベルUP、スキルアップに!

              相場師Ranking
              相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?

世界の信用恐慌は寸前で回避された

少し難しい内容ですが、ご興味ある方は読み応えがあります。

 ・あのとき何が起こっていたのか?
 ・FRBやECBのとった行動の真意は?
 ・これからの方向と具体的リスクは?
  等々

サブプライム・ローン問題から現れた信用危機 〜寸前で回避された信用恐慌の行方
ダウンロード



為替ブログ
旬の為替情報、明日のクロス円情報はここから...

人気ブログランキング
トレードレベルUP、スキルアップに!

相場師ブログランキング
相場師番付発表、今一番稼いでいる相場師は?


あれから1ヶ月

2010年の衝撃に備えよ。

 暑さがひときわ厳しかった8月のお盆の時期、世界の株式市場と為替市場は大きく動揺しました。
アメリカのサブプライムローン(低所得者向け住宅ローン)の焦げ付きを発端に世界的な信用不安が広まったことが原因です。
ちょうどお盆休みで市場参加者が少なかったということもありますが、日本も含めて世界中の株が大幅に下落しました。
また、いわゆる「円キャリートレード」(低金利の日本円で資金を調達し、それを高金利の外貨など高収益が期待できるものに投資する手法)の巻き戻しにより、為替も大きく円高に振れました。

 アメリカの経済規模と比べればごく一部にすぎないサブプライムローンが、これほどまでに大きな信用不安をもたらしたのにはわけがあります。
サブプライムローンの債権は証券化されて世界中に散らばってしまっています。そのため、誰がどの程度の打撃を受けているのか、その全容の把握が困難になってしまっているのです。その結果、不安が不安を呼び世界の株式市場の暴落を招いたというわけです。

続きを読む

経済成長期待が産み出すバブル経済

バブルは泡。深海から泡が上がる。水圧が弱くなると泡は大きくなる。水面まで到達するとはじけ、空(くう)の中に消える。
泡は何だったか...それは共同幻想の「経済成長期待:Expectation」から生まれたもの。


60年の戦後世界で、大きなバブル経済崩壊を体験したのは、日本人だけ。当初「バブル経済」という用語もなかった。1980年代末の日本経済は、世界最強と言われていた。


続きを読む

相場漢字読み仮名テスト

相場用語、以下の読み方わかりますか?

約定 、 順張 、 逆張
相対 、 指値 、 逆指値
途転 、 買玉 、 売玉
建玉 、 当限 、 三角保合
日歩 、 日足 、 月足
文言 、 追証 、 損切
難平 、 番限 、 独歩高

↓    ↓    ↓

続きを読む

ゴールはどこだろう?

ネット見つけたお話をご紹介します。どうぞ!

####################

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。
その魚はなんとも生きがいい。
それを見たアメリカ人旅行者は、

続きを読む

強気相場は悲観の中に生まれ...幸福感の中で消えていく...

『強気相場は悲観の中に生まれ懐疑の中で育ち楽観の中で成熟し幸福感の中で消えていく』


皆が売りと思っている内に発生し、まだ強気とは言えないだろうと疑っている内に進み、トレンドが出てきたと皆が思ってきた時に終局が近づいて、皆が買いだ買いだと大騒ぎする中で終わってしまう。


続きを読む
  • seo